2007年11月14日の短歌

2007年11月14日の短歌

短歌の解説

野原の一角にコスモス畑がありました。
整備されていなくて思い思いに咲く姿は、昔、秋の畑の夕焼けの中むせかえるように咲いていた秋桜の中を走り回り、とんぼをとった思い出が遠くに浮かんできます。あのころ秋桜は私の背より高くて私は秋桜にすっぽりと収まっていました。
今見る秋桜もあのころと変わらず、可憐だなぁと思いました。

( Written by buzz )